ターナーからモネへ―英国の至宝 ウェールズ国立美術館所蔵 熊本県立美術館 感想


今夏、熊本で目玉となる
展覧会でした――


その日は無事巡回。

ヱヴァンゲリヲンと日本刀展、三沢厚彦さんの展覧会の3つ梯子でした。


【この記事の内容】
・感想 東間 陽一 sieg2039
・感想 writer Miyu
・関連展覧会
・関連情報


【感想】
19世紀ヨーロッパの油絵は
ノリにノッてて名作ぞろい。

平日にスケジュールが組めたので
ゆったりと鑑賞。

東京の展覧会のように、もっと、沢山の人が展覧会にきてほしいです!

ターナーの解説読んでると
環境悪化の説明。

そこでハッとさせられたのが現代のように、PM2.5 や光化学スモッグが当時酷かったのではないかと思うところ。

産業革命の只中にあった当時。

「石炭焚きまくってとにかく稼ぐんだ!」みたいな風潮が蔓延していたでしょうから、環境保護って何?

という具合だったでしょう。

モネの『サン・ジョルジョ・マッジョーレ、黄昏』を見ると、とても不安な気持ちに駆られた。

まるで人類の幕引きみたいな夕日です。

ネイティブアメリカンの人々は7代先のことまで考えて動け、みたいな教えがあるそうです。

目先の利益ばかり考えず百年、千年先のことを考えて行動したいもの。




フォトショップの制作を増やそうと思ってた所なので、今回の展覧会は、本当に勉強になりました。

モデラーを目指しているので本当はバンバン裸体を作りたいのですが。

モデル代と売れる確率を加味すると、家のインテリアとして使える絵をつくらざるを得ません。

三沢厚彦さんのような
好感がもてる彫刻はいいけど…

彫刻となるともっと売れません。

一般家庭向けに裸婦彫刻やヌードの油絵が売れるかというと、売れません。

子どもが家にいたら尚更でしょう。

ちまちまとした所からのスタートなので、まずはインテリアとして使えそうな物を作るところから始めたいものです。

SFも好きなので、近未来的な形をしたオブジェなども取り組んでみたい。

稼いだら憧れの
ヨーロッパ旅行に行けるよう

日々努力あるのみ。

写真 sieg2039
   東間 陽一 Yoichi Azuma


もっと知りたいターナー: 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

Amazon

【感想】
祝・来場者1万人達成!

熊本県立美術館で開催の「ターナーからモネへ」展、賑わってますね。

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775―1851)イギリスのロマン主義の画家。

ターナーポスターカラーという画材の名前、それ位しか知りませんでした。

熊本県立美術館の公式ツイッターを見てたら、ターナー衝撃エピソードが。

美化されすぎの自画像、手段を選ばないライバルへの妨害活動、うーんやりすぎ。

(自画像はまだしも)展覧会前の会場内での制作で、自作の隣にめだった作品がくると、作者不在時になんと…

黒絵具をぬったとの証言も(汗)

被害者には先輩のコンスタブルも含まれるとのこと、被害は複数にわたるのでしょうか?

う~~ん感心できませんねぇ
才能への嫉妬、畏れなのか。

画家の人となりが作品通りと限らぬ
複雑な人物像を思わせる。

しかしながら
偉大な功績ある人なのでしょう。
緑色を使わなかったのは何故だろう?



『吹雪-港の沖合の蒸気船』(1842)を描くためにマストに4時間も縛りつけられ、嵐を観察したというエピソードも。

体張ってますねぇ…

現在は画材の名称になったり美術館で展覧会が開催されてることを考えると、相当の社会的功績のある画家さんなんでしょうね。

孤独で不器用なタイプだったようです。

「ターナーからモネへ」展(熊本県立美術館)でターナー作品が少ないように感じた印象でしたが。

私としてはターナーの絵画
もっと鑑賞したかったです。

ターナーの絵は光、空気、風、波などが繊細に描かれてると思いました。

繊細微妙な中にも不安を連想させるような暗い要素もあり、ドラマチックな表現が伝わってきますね。

2015年夏、『ターナー、光に愛を求めて』という映画が公開されました。

これを機にターナーのこと
もっと知りたいと思いました。

本当に素晴らしい展覧会でした!

運営・編集 writer Miyu


2017.09.04 初回更新
2018.06.21 更新


【関連展覧会】
 KKT開局35周年記念
 ターナーからモネへ
 英国の至宝、30年ぶりに奇跡の来日
 ウェールズ国立美術館所蔵

【関連情報】


【夏の美術館めぐり】
東間陽一 アートブログ
国立カイロ博物館所蔵 黄金のファラオと大ピラミッド展 福岡市博物館 感想

Writer Miyu ブログ
世界遺産 ラスコー展 クロマニョン人が残した洞窟壁画 九州国立博物館 感想

没後20年 特別展 星野道夫の旅 久留米市美術館 アラスカの自然と動物 感想

東間陽一 アートブログ
ヱヴァンゲリヲンと日本刀展 熊本県立美術館分館 現代刀匠たちの新作刀 感想

じっと見る ブリヂストン美術館収蔵作品より 前後期開催 久留米市美術館 感想

Cestvs Miyu ブログ
三沢厚彦 ANIMALS in 熊本 熊本市現代美術館 等身大サイズの動物彫刻 感想


【関連記事】
Writer Miyu ブログ
歩く名画、歩く絵画! お洒落なアート傘 名画の晴雨兼用傘 ダブルレイヤー

家族も芸術家、印象派の巨匠ルノワール 都会のオアシス、喫茶室ルノアール

東間陽一 アートブログ
日曜美術館 傑作ダンギ ルノワール 高階秀爾 佐藤可士和 大宮エリー 感想

日曜美術館 アンコール 夢のモネ 傑作10選 「印象、日の出」 感想

マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展 東京都美術館 展覧会の感想