【ネタバレ注意】 信長協奏曲 タイムスリップ戦国物語 漫画アニメ・ドラマ感想


本文には作品の内容が含まれます
ネタバレNGの方はご注意下さい。


映画『信長協奏曲 NOBUNAGA CONCERTO』

Amazon ビデオ


『信長協奏曲』 (コンツェルト)
 石井あゆみ(原作・作画)

 ゲッサン創刊号
 2009年~連載中(小学館)
 既刊13巻(2016年1月現在)

 テレビアニメ
 2014年7~9月 フジテレビ放送

 テレビドラマ
 2014年10月13日~12月22日
 月曜 21:00~21:54
 フジテレビ系放送

 映画(実写版)
 2016年1月23日公開
 小栗旬 主演(2役) ほか出演
 (ドラマ版に準じたキャスト)



『人間五十年、
 下天のうちを比ぶれば、
 夢幻の如くなり』

(「げてん」は下天の
  他に化天、外天の表記あり)

織田信長の舞った「敦盛」。戦国武将・信長公といえば奇襲戦法、比叡山延暦寺

の焼き討ち、本能寺の変。そして――遺骸が見つからないという歴史上最大の

ミステリーの1つ。影武者説とか色々妄想…ミステリアスな面も併せもつ人物。

小栗旬さん主演、TVドラマ続編となる 「最終章」 の映画が大人気上映中です!

気になるストーリーを、かんたん解説します。アニメでは、8巻の延暦寺攻め

(比叡山焼き討ち 1571年)まで。実写版の映画では、本能寺の変(1582年)

まで。原作マンガは現在も連載中ですが、クライマックス「本能寺の変」まで

あと数年と、佳境に入っている模様。年明けのドラマ再放送ではじめて知り、

面白く、映画も鑑賞しに行きたくなりました。漫画、アニメ、ドラマ感想です。



【感想】
相方の東間陽一と拝読。本当に面白いですねぇ。こんなに夢中になれるとは!

家臣「ちゃん」づけ(笑) も~何から何までおかしくて笑ってしまいます。

抱腹絶倒、タイムスリップ・歴史ギャグ漫画。原作漫画は設定がよくひねって

あります。巻を重ねるごとの飛躍的な画力進化、グイグイ読ませる力がある。

青春・ギャグ・恋愛あり、等身大の少年像を自然体で描写しているところが、

多くの人々に受け入れられたのではないでしょうか。戦国ものなのでシリアス

場面もあるのですが。サブロー信長が、戦国時代で人として、ちゃんと生きて

みようと決意するシーンに感動。少年から天下人へと変貌を遂げていきます。



信長協奏曲 16 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

Amazon


アニメは日本の風景美、戦闘シーンの躍動感が味わえる。疾走するエンディング

内での次回予告と、粋な演出。現代風のスピード感あふれる曲だけど、作品の

世界観にマッチしています。「天下布武」を掲げ出陣する、第六天魔王・信長!

原作にほぼ忠実に作られてますが、CG導入で制作の仕方にこだわっています。

そして、実写版ドラマでは、原作の設定にさらなるひねりを加え、オリジナル

キャラクターなど、一部変更がなされています(特に、帰蝶のイメージが)。

凛とした存在感が光る、信長の妹・お市。日本女性のたおやかさが体現された

信長の正室・帰蝶。漫画のヒロインも魅力的です。織田信長、明智光秀、羽柴

秀吉。この3人の設定には特に工夫が凝らされており、「ウ~ン…見事!」と

唸らされる事しきり。今まで誰もみたことのない信長像が新鮮です。間の良い

ギャグで、戦国ものでも深刻になりすぎず、楽しく笑ってドンドン読めます^^



#1 サブロー信長

Amazon ビデオ


私にとって、小栗旬さんで想い出されるのが、NHK大河ドラマの『天地人』

(2009年)で演じた豊臣家臣、石田三成! 松方弘樹さん演じる徳川家康に、

1年近くかけ(大河は1年間放送)追い詰められていく三成の苦悩のプロセスを

見てる胸が苦しくなる。武士の誇りをもって最後は華々しく散る…迫真の演技に

激しく感情移入してしまう程でした(涙) 小栗さんはこんなストイックな役も

演じられる役者さんなのだと感服。わたしの、忘れられない石田三成像です。

今回の 『信長協奏曲』 ではサブローと光秀、小栗さんの1人2役も見どころ。

繊細な演じ分けに
演技の幅を感じさせます。

信長の影武者 サブロー
本物の信長  明智光秀
冷酷な間者  羽柴秀吉



信長協奏曲 DVD-BOX

Amazon

いままで見たことのない秀吉像。石井あゆみ先生のえがく秀吉は、私にとって

とても魅力的だと思いました。最下層の身分から天下人にまで上り詰めていく

豊臣秀吉が、復讐に燃える忍びという発想がなかなか斬新です。柔和で明朗、

ソツなく抜け目ない社交術を駆使。時には命がけで乱世を渡り歩く秀吉の度胸

冷酷、野心、執念――権力の階(きざはし)に上り詰めていくプロセス、心理

描写が秀逸。サルと呼ばれたことからも容姿端麗とは言いがたい秀吉。しかし

『信長協奏曲』の秀吉は心意気があり、本当に格好良くみえる。魅力的な悪役の

ドラマがあるからなのでしょう。生きるエネルギー、強さ、儚さ。野心の人の

紡ぐドラマ、悪の美学。こういう人物に私は、非常に魅力を感じるようです。

それにしても、何と! 舞台挨拶に来熊(らいゆう)されてたとは。くまモン

歓迎。まだ間に合うかな、いこうかな映画♪ う~ん、やっぱり…見たいなぁ。

Writer Miyu


(2017年11月05日更新)



映画『信長協奏曲 NOBUNAGA CONCERTO』

Amazon ビデオ



【関連記事】
【ネタバレ注意】 信長協奏曲 タイムスリップ物語 感動の最終章! 映画感想