2013年6月22日土曜日

所有者1万人超! 元気になる絵と呼ばれている、直筆原画色紙 バラ 糸井忠晴


先の記事で
『ひまわり』 の感想を書いた

糸井忠晴さんの直筆原画、花シリーズ、『バラ』 もありました。糸井忠晴先生の絵、本当に元気になりますね。

糸井画伯の作品を持っている人は1万人を超えていて、「元気になる絵」 と呼ばれているのだそうです!

糸井忠晴先生の作品から、パワーが貰えた気がします。私は時々、ネットサーフィンをするのですが

宝石やお花の写真・イラスト・画像など、キラキラ透明感があったり、カワイイ物を見ると、元気が出ます。

郷里・熊本のご当地キャラ・くまモン、猫とか。熊本に、『はな阿蘇美』 というローズガーデンがありまして

私も行った事があるのですが、何と、春と秋の季節には、350種、3000株のバラが咲き誇る壮大な眺め!

レストラン、フラワーショップ、物産館、カフェなどが併設された複合施設です。旅行やドライブで阿蘇に

お立ち寄りの際にはぜひ、足を運ばれてみて下さい。おすすめの癒しスポットです。女王の風格、繊細なバラの花には

様々な種類がありますね。
育て方も手が込んでそうです。


バラのインテリアアート

糸井忠晴さんの直筆原画色紙、『バラ』 の感想です。鮮やかな朱色、レモン色が調和している、生き生きとした

絵画ですね。朱色がパワーを与えてくれます。シンプルな中にも、切り絵のような、美しいシルエットが

印象的な直筆原画色紙です。色紙には、筆でメッセージも書いてあって、2度嬉しいですね~。

「道元の禅を、
 自身の理念として生きてきた」

という糸井先生の書・画には超越した、達観したものを感じます。絵画(肉筆画)の依頼があって、4ヵ月で

6千枚描き上げたという最強エピソードの持ち主ですから、やはり、それだけの枚数を完成すると、無我の境地

悟りの境地に到達するのでしょうか。お花や植物、静物のインテリアアートは、ネット販売されています。

ご家庭、会社、病院、施設など
どんな空間でも調和します。


バラの花言葉

「美」 「情熱」 「愛情」 (赤)
「友情」 (黄)
「尊敬」 「純潔」 「清楚」 (白)
「感謝」 「しとやか」 「愛を持つ」
(ピンク)

「無邪気」 「さわやか」 (薄オレンジ)
「神の祝福」 「奇跡」 「夢かなう」 (青)
「誇り」 「気品」 「王座」 「尊敬」 (紫)




直筆原画色紙 「バラ」糸井忠晴画伯




【関連記事】
所有者1万人超! 元気になる絵と呼ばれる、直筆原画色紙 ひまわり 糸井忠晴


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。