ルーヴル美術館特別展 ルーヴルNo.9 漫画、9番目の芸術 福岡アジア美術館 感想


世界最高峰の美術の殿堂
天下のルーヴル美術館。

9ヵ月も待ち続けたた甲斐があり
かなり見ごたえある展覧会でした!


【この記事の内容】
・感想 writer Miyu
・感想 東間 陽一 sieg2039
・関連展覧会


【感想】
マンガ誕生のドキュメンタリー番組、NHK Eテレ(教育)『漫勉』で知った五十嵐大介さん、気になってました。

ひとつの世界があります、ニケの女神像が幻想的ですばらしく素敵でした…

愛読の坂本眞一さんの絢爛豪華な世界、大きな絵でみるとやはり違う。

目前に迫ってくる迫力
終始圧倒されっ放しでした!

VTR で坂本先生を拝見できて感動。5月6日(土) 22時、NHK Eテレ(教育)『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』も楽しみ。




松本大洋さん『ルーヴルの猫』、知らない漫画家さんながら、猫好き私のハートを掴んでしまった。

ボス猫、ブサ猫、おしゃれ猫
色んな猫がいていいな^^

フランス語圏の漫画バンド・デシネはクールで洗練された印象でした。

日本の漫画とはまた違ったムードがあり、印刷・製本の違いも興味深い。

21世紀、漫画は現代アートの領域に。

荒木飛呂彦先生の原画がフルカラーで見れる機会は滅多にないでしょう。

知らない漫画家さんの作品も
鑑賞できて至福の一時でした。


――熊本地震から1年。

美術館にいけることを
心から幸せに思う。

「希望をもて、最後まで諦めるな」

沢山の漫画家さんたちに
そう励まされている気がしました。

あなただけのメッセージを
受けとって下さい。

ルーヴル魅力満載の展覧会です!

ルーヴルよ、Manga artistsよ
永遠なれ。

運営・編集 writer Miyu



LOSER/ナンバーナイン(ナンバーナイン盤 初回限定)(CD+DVD+7inchサイズギャラリーパッケージ)

Amazon

【感想】
坂本眞一『イノサンRouge ルージュ』、荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険』、両先生豪華ラインナップとくれば鑑賞しない訳にはいかぬ展覧会!

Amazon も電子書籍に力を入れ始めたので、出版物の紙媒体、電子書籍――現在がそろそろ、その狭間にいると言える。

スマートフォンでは漫画は読みにくいので、iPad 位のサイズはほしい所。

漫画業界は、一通りやり尽くしたと言われているので、今後どういった作家が活躍するのか楽しみではあります。

展示はかなり多いので、閉館ギリギリには行かないほうが良いでしょう。

ビッグネームが多く
GW満員御礼確実です(笑)

平日休みが取れる方は
そちらがオススメですね。



LINEスタンプを一通りしたら、漫画を描いてみたい気になって来ました。

がっつりストーリーものは、仕事しながらだと時間労力とも大変(汗)

バイクで旅する旅日記風の
マンガ創ってみたいですね♪

何時かフランスも旅したいなぁ
ぜひ、この展覧会へ行きましょう!

写真 sieg2039
   東間 陽一 Yoichi Azuma

【追記】
去る2月11日、同展覧会に参加の谷口ジローさんが、ご逝去されました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。


2017.04.29 初回更新
2018.06.03 更新


【関連展覧会】



【GW美術館めぐり】
東間陽一 アートブログ
ディズニープリンセスとアナと雪の女王展 福岡県立美術館 9人のヒロイン 感想

cestvs Miyu ブログ
日伊国交樹立150周年記念「世界遺産 ポンペイの壁画展」 福岡市博物館 感想

日タイ修好130周年記念 特別展「タイ~仏の国の輝き~」 九州国立博物館 感想

writer Miyu ブログ
川端康成 美と文学の森 久留米市美術館 確かな審美眼のコレクション 感想

【関連記事】
writer Miyu ブログ
面白い歴史漫画 フランス革命が舞台 イノサンRouge 処刑人一族の数奇な運命