研ぎ澄まされた審美眼! 幻想的でエレガント 繊細な日本画 東山魁夷 緑響く


東山 魁夷
(ひがしやま・かいい
 1908―99年)

(本名、東山新吉) は日本の画家・著述家であり、昭和を代表する日本画家の1人と言われています。

文化勲章受章者。千葉県市川市名誉市民。日本を代表する小説家・川端康成との親交もありました。

東山魁夷は、青緑色を用いた日本画が特徴です。絵画の代表作 『年暮る』 は、2011年6月

NHK BSプレミアムの本格派美術番組 「極上 美の饗宴」 でも紹介されました(3回に渡って放送)。

また、著作の 『わが遍歴の山河』 『風景との対話』 『京洛四季』 など、多数の画文集があります。

画像の 『緑響く』 は、モーツァルトの曲(モーツァルトのピアノ協奏曲第23番イ長調K.488) を聴いていた時

インスピレーションを得て描いたものです。美術学校を卒業後、ドイツに留学。滞在中ドイツでは、コンサート

にもよく通っていたとも(中々のハイソサエティ、進んでますね~)。緑の森、澄んだ湖――静寂の中。

白馬が散策している様子が、とてもエレガントです。緑いっぱいの森の木々を背景に、通り過ぎる白馬を

横からとらえたアングルです。白馬の上品さはさながら、貴婦人のよう。幻想的な1枚ですね。



【送料無料!】プリハード 複製画 東山魁夷 緑響く 6号特寸 額外寸法(52×64cm) 1016




東山魁夷 唐招提寺 襖絵

東山魁夷に、大仕事がやってきます。1968年に皇居新宮殿壁画、1981年に唐招提寺御影堂全障壁画を完成。

唐招提寺の壮大な襖絵は、有名ですね。市川市東山魁夷記念館(千葉県市川市)、せとうち美術館(香川県坂出市)

に東山魁夷の作品が展示してあります。『緑響く』 は水面(みなも)に映っていて、まるで合わせ鏡のよう。

美的感覚が研ぎ澄まされていますね。青と緑が渾然一体となっていて、融合しています。真っ白な馬が

謎めいた美女にも見える。繊細でナイーブ、見る人を惹きつけて止まない、不思議な魅力があります。

ポスターや壁紙にしたくなる様なエレガンス。パステルトーンを幾重にも塗り重ねたような深みのある色使い

何とも言えない味わいがある。神秘的でドラマチックな構図も素晴らしい。東山魁夷の美術展がきたら――

絶対、行きたいです!



【送料無料!】プリハード 複製画 東山魁夷 夏に入る 6号特寸 額外寸法(52×64cm) 0169