2016年8月5日金曜日

面白い医学漫画 K2 天才外科医 K一族の数奇な宿命 壮大な世界の感動名作


本文には漫画の内容が含まれます。
ネタバレNGの方はご注意下さい。




この度は、2つのおめでとうです。遅ればせながら7月22日、単行本 26巻発売、おめでとうございます! そして――

こちらはまだ早めながら。8月24日、真船一雄先生、誕生日おめでとうございます! 2つのめでたいですね~。

先生の男気溢れる壮大な世界に魅了され、早〇十年…これからもずっと、ドクターKの背中を追い続けて行きます^^

最新 26巻の感想です。私の好きなドクターTETSU こと真田徹郎、再登場(これだけで既にテンション高)。

譲介の髪型が、TETSU 化してるの巻。教え子の髪型を窘めていますが…そういう TETSU 様の髪型も負けてません(笑)

美形女顔の譲介君は、ママリン似の様です。酷い仕打ちのドクターTETSU。阿漕ですねぇ。それでいて

完全なワルになり切れない不器用な所、好きですよ(笑) 驚き、困惑、哀切。様々な感情の入り混じった表情。


ドクターTETSU に衝撃事実を告げられた譲介の表情が、美しい。一瞬の無言の表情が、雄弁に物語っている表現力。

素晴らしいです。外科医といえば、男らしいというイメージを連想します。譲介は家族運には恵まれなかった人

なのかも知れないけれど、上司運、師匠運には恵まれている様です。全てが揃っている人はいないでしょうが。

人間の運命とは何処かでバランスを取っていて、後で振り返ってみれば、意外と平等なのかも知れません。

時間が解決してくれるという側面も、人生にはあるものです。医師・和久井譲介の未来が、楽しみです。

それにしても。オペの時、衝撃事実の続きを告げる、TETSU様。そんな大事な事、早く言ってよ!

ドクターK(現在のK は神代一人)、ドクターTETSU。ツーショットがサマになりますね。譲介は幸せ者ですね。

傷つけて癒す? TETSU様の真骨頂が最高に発揮された、26巻でした! ドヤ顔 TETSU様、最高~Ψ(`∀´)Ψ



K226巻【電子書籍】[ 真船一雄 ]



――遅くなってしまいましたが
25巻の感想も添えておきます。

法医学者で僧侶の岩動瀧造、薬学者の香田直一、再登場! ちょうど昨日、『奇跡体験!アンビリバボー』 を

見ていたのですが、監察医の権威の方のスペシャルが放送されていました。闇に葬り去られてしまう所だった

数々の事件の真相を見抜き、あぶり出し、解決に導いた先生でした。ご遺体が語りかけてくる、助けてと言っている。

経験を積んだ監察医の目を欺く事はできない、という様な事を仰っていたのが、とても印象的でした。

『K2』 の岩動さん、凄味のあるお坊さんですね^^; 一也を通してのKとの邂逅、胸が震えてしまった。

香田さんはワイルドで逞しくなっていました。2人とも KAZUYA の時から、素敵に歳を重ねていました。

一也君は料理が余り、お上手ではない様です。料理を堪能した、ご学友の貴村君の引きつった笑顔が…

あんた料理できんのと、詩織ちゃん(笑)
一也&詩織、コンビ最高~。


若き精鋭の研修医たちがカンファレンス(症例検討会)、病名を推理する、クイズ形式の新感覚・情報番組

『総合診療医 ドクターG』
 水曜 22:25~23:15 放送
 土曜 10:05~10:55 再放送
 NHK総合(一部地域除く)

ドキュメントありの同番組では、リアル・ドクターの世界を体感。人体の不思議、医療の奥深さを学べます。

『K2』 と合わせて見ると、ドクターKの世界が広がります。KAZUYA(西城カズヤ) が主人公の

『スーパードクターK』 『DoctorK』。その続編、神代一人と黒須一也、ダブル主人公の 『K2』。

不世出の天才外科医
K一族の数奇な宿命を描く
真船一雄先生の 『K2』 は

毎月第2・4火曜発売、イブニング(講談社)連載中! ご興味ある方はぜひ、ご覧になってみて下さい。


【関連記事】
イブニング連載中! 真船一雄先生の医療漫画 K2 コミック24巻の感想
(真船先生 色紙掲載 ↑ )






0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。