2014年2月1日土曜日

ボディガード アメリカのおすすめ感動映画 歌姫と護衛のラブストーリー 感想


本文には映画の内容が含まれます。
ネタバレNGの方はご注意下さい。

『ボディガード』

【原題】
 THE BODYGUARD

1992年製作(アメリカ)
1992年12月5日(日本公開)

【配給】
 ワーナー・ブラザース

【製作会社】
 TIGプロダクションズ

【監督】
 ミック・ジャクソン

【脚本】
 ローレンス・カスダン

【製作】
 ローレンス・カスダン
 ジム・ウィルソン
 ケビン・コスナー

【撮影】
 アンドリュー・ダン

【編集】
 リチャード・A・ハリス

【音楽】
 アラン・シルヴェストリ

【主題歌】
「I Will Always Love You」
 ホイットニー・ヒューストン

【出演】
 ケビン・コスナー
 ホイットニー・ヒューストン
 ビル・コッブス
 マイク・スター

 トーマス・アラナ
 ラルフ・ウェイト
 ゲイリー ケンプ
 ミシェル・ラマー・リチャード
 ほか


歌姫と護衛のラブストーリー
ホイットニー・ヒューストンの魅力

1975年完成のカスダン氏の脚本から、長い時を経て映像化されたという事を、今更ながら知りました。

ボディガード、フランク・ファーマー役のケビン・コスナー。歌姫レイチェル・マロン役のホイットニー・ヒューストン。

映画本編にでてくる歌詞・曲ともに素晴らしい。我儘な歌姫を騎士(ナイト)の如く護衛するボディガードのラブストーリー。

傲慢な歌姫に振り回されるボディガード。そんな2人が徐々に理解し合い、何時しか、恋に落ちていくという

サスペンス要素も交えたイージーな展開ですが、女性には受けるのではないでしょうか。歌姫のプロモーションビデオを見る

護衛の眼差しが印象的。理知的ながらも内に秘めた情熱の眼差し…ケビン・コスナーのあの眼差しが素敵です。

女性だったらあんな視線で見詰められたい! 護衛されたい。そう思ってしまう筈。アメリカ感動映画 『ボディガード』。

今は亡き、ホイットニー・ヒューストンの魅力が色褪せる事はありません。数多の名作をみて人間力を培いたい。




【メール便送料無料】「ボディガード」オリジナル・サウンドトラック / ホイットニー・ヒューストン[CD]




ボディガード スペシャル・エディション [ ホイットニー・ヒューストン ]



ホイットニーの魅力満載
感動ラブストーリー
ボディガード!


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。