2013年11月17日日曜日

アール・デコ女流画家 タマラ 自立した女性像 セルフプロデュースの女王。


アール・デコの女流画家
タマラ・ド・レンピッカ
(1898―1980年)

『自画像 (緑のブガッティを運転するタマラ)』 の複製画を紹介します。ポーランド立憲王国ワルシャワ

生まれのタマラ・ド・レンピッカは、1920~30年代にかけてヨーロッパを席巻したアール・デコの女流画家。

「セルフ・プロデュースの女王」 レンピッカは生活苦から画業で身を立て、画家としての地位を確立。

世界的ポップシンガーのマドンナさんもタマラの大ファンで作品をコレクション。イベントや博物館に

貸し出したり、自身のプロモーションビデオでも登場しています。画集ポスターなども販売されています。


タマラがこの世を去った1980年

『肖像神話
 ―迷宮の画家タマラ・ド・レンピッカ』

がパルコからリリースされました。颯爽とした格好良い女性。女性のダンディズムともいうべき凛々しさ。

レンピッカの作品を展覧会で観賞して以来、私にとって、忘れられない画家の1人となりました。

ハリウッド女優なみの美女画家
タマラ・ド・レンピッカ!




プリキャンバス複製画・ギャラリーラップ仕上げ(6号サイズ)



肖像神話—迷宮の画家タマラ・ド・レンピッカ (1981年) (PARCO view〈10〉) [古書] by 石岡 瑛子【中古】



【関連記事】
劇的人生、美貌の女流画家 タマラ 立体感ある絵画は、3DCGのごとく斬新!


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。