2013年8月14日水曜日

「裸の大将放浪記」で人気を博した日本のゴッホ、山下清 長岡の花火 リトグラフ


日本のゴッホ 山下清
裸の大将放浪記

山下 清
(やました・きよし
 1922―71年)

日本中を放浪していた事で知られる画家。3歳の頃、重い消化不良で命の危機に。一命を取り留めたものの

軽い言語障害、知的障害の後遺症を患ってしまう。悲しみは続きます。清10歳の頃、実父が他界。母の再婚で

義父に育てられました。身体的ハンデ、複雑な生い立ち。逆境が天才画家・山下清を作りあげて行くのです。

山下清は 「サヴァン症候群」 であった可能性が高いと言われています(知的障害者の、ごく特定の

分野に限って、優れた能力を発揮する者の症状を指す)。山下画伯が、驚異的な映像記憶力の持ち主

である事は有名です。千葉県の養護施設 「八幡学園」 へ預けられ、そこで、「ちぎり紙細工」 との運命的な

出会いを果たします。ちぎり紙細工で高く評価されるようになった清ですが、18歳のある日、突如、学園を脱走。

茶箱を抱えて、15年間もの放浪の旅に出ます。茶箱はその後、風呂敷 →リュックと変化していくのですが^^

芦屋雁之助さん演じる、テレビドラマシリーズ 『裸の大将放浪記』 が人気を博したのは有名ですね。

代表作に、『長岡の花火』 などがあります。天才画家・山下清は、「日本のゴッホ」 と呼ばれました。



【版画・絵画】山下清『長岡の花火』リトグラフ■限定300部・新品★




長岡の花火 リトグラフ 山下清

花火大会開催と聞けば、全国に足を運んだ山下画伯。驚異的な映像記憶力で、感動した光景を脳裏に

焼きつけ、学園や実家に戻って描く。そして、再び、自由を求めて旅に出るという画家人生でした。

1956年(昭和31年)、東京大丸の 「山下清展」 をはじめ、全国巡回展が、約130回開催。観客は500万人

を超えました。大丸の展覧会には、当時の皇太子も訪れたそうです。「山下清 放浪美術館」 (長野県茅野市)

には、天才画家・山下清の作品が展示されています。放浪の旅の途中、お世話になった人へのお礼に

描かれた作品、諏訪湖の花火大会を描いた作品などを収蔵展示。また、画家・山下清のヨーロッパ旅行記

『ヨーロッパぶらりぶらり』
が面白いと好評です。

「山下清らしいエピソード満載!」

「画伯ならではの着眼点、
 感想が面白い」

「旅行前でも旅行後でも楽しめる」

などのレビューや口コミが
楽天市場に寄せられています。



送料無料/ヨーロッパぶらりぶらり/山下清



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。