2013年6月12日水曜日

シャープでエレガントな現代の美人画 アート複製画 喜びのミューズ 鶴田一郎


現代美人画を描かせたら
ピカイチの、鶴田一郎さん

(生まれ・出身ともに熊本)。日本のグラフィックデザイナー、画家です。鶴田先生の作品は、私の地元

熊本でも何処かでお目にかかるので、親近感があります。鶴田画伯と言えば、ノエビア化粧品のCMで

長く起用されていた事でも有名です。喜多川歌麿が古典的美人画の巨匠なら、鶴田一郎先生は前衛的

美人画という感じですね。日本女性のもつ美しさを最大限に引き出した、シャープでエレガントな独特の

タッチで描かれているのが特徴です。ヨーロッパのアールデコ的要素、日本独自の美意識が、見事に

融合しています。天草の海、豊かな自然に抱かれて育った鶴田先生の美人画は、色彩感に溢れていて

カラフル。描かれる女性像は、先生にとってのミューズなのでしょうね。ミューズはギリシャ神話の女神です。

(音楽・舞踏・学術・文芸などを司る)

近年の鶴田一郎先生は、現代の鶴田流琳派をテーマに、『雪』 『月』 『花』 『海を渡る』 などの大作にも

挑んでいます。同じ熊本人として、誇らしい限りです。これからも、一層のご活躍を応援しています。


鶴田一郎のアートポスター

「描くという祈りにも似た行為」

と鶴田先生はいいます。天草切支丹館に展示の 『天草四郎』 は、凛々しくも美の極致。キリシタンのカリスマ

天草四郎のエキゾチックな魅力に吸い込まれそう。アートポスターは山鹿灯籠まつり(1989年から毎年使用)

天草ほんど夏まつり(1993年から毎年使用)、京都駅ビル 『The CUBE』 (2010~2012年)、人吉お城まつり

(2012年)など多数あります。出身地・天草市本渡市街地の循環バス 『のってみゅうかー』 の車体イラストは

圧巻です。天草の大自然、天草ハイヤ踊りを舞う女性をモチーフにした、まさに、鶴田一郎プロデュース

美人画バス! 赤や青のビビッドカラーを背景に、美人画が躍動しています。また、『永遠のまなざし』

などの美人画がパズルにもなっています。鶴田一郎先生のリトグラフを使った、光と影のコントラストが

素敵。壁紙やポスターとして
飾ったら、場が華やぎますね。



鶴田一郎・喜びのミューズ(アート・複製画)



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。