2013年6月19日水曜日

江戸琳派の祖、酒井抱一の弟子 鈴木其一 洗練されたゴージャス 朝顔(左隻)


鈴木 其一
(すずき・きいつ
 1796―1858年)

江戸時代後期の絵師。 江戸琳派の祖・酒井抱一(さかい・ほういつ 1761―1829年) の弟子です。

酒井抱一は京都の円山・四条派や伊藤若冲、尾形光琳などの画法に習熟。鈴木其一は、その酒井抱一の

最も著名な、事実上の後継者であると言われています。江戸における、琳派の再興に努めました。

都会的洗練化と、理知的な装飾性の際立つ、近代日本画の先駆的な絵師だと位置づけられています。

『朝顔 (左隻)』 ニューヨーク・メトロポリタン美術館蔵。こんな和風な絵がアメリカにあるとは、意外です。

屏風の左側を左隻、右側を右隻、といいます。「隻」 (せき)は、大きい船を数えるのにも用いられますね。

この場合は屏風など、対(つい)になっているものの片方を数えるのに、用いられています。鈴木其一の

代表作に 『夏秋渓流図』、師の酒井抱一の代表作に 『秋草図屏風』 があります。俵屋宗達筆の 『風神雷神図』

は琳派の絵師はじめ
多くの画家達の
模作や模写が多数あります。




漆絵 鈴木其一の名作「朝顔」左隻




洗練されたゴージャス朝顔
屏風大作

『朝顔(左隻)』 (鈴木其一筆)。あまりにみごとで壮大な朝顔の屏風だったので、感想です^^

こんなに洗練された、しかも、ゴージャスな朝顔は見た事がありません! 私にとって、カルチャーショック

センセーショナルな朝顔です。朝顔という概念が、ガラリと変わってしまいそうです。金箔のゴールドを

背景に、目の覚めるようなコバルトブルーの朝顔。鮮やかなグリーンが寄り添い、風にたなびく様です。

圧倒されます。まさに、モダンで都会的、洗練されていますね。理知的なイメージさえ漂う。渾身の超大作。

アメリカ人に愛されるのも、分かる気がします。ところで、屏風の右隻は今、どこに在るのでしょうか?


朝顔の花言葉

「愛情」 「平静」 「愛情の絆」
「結束」 「短い愛」
「明日もさわやかに」 「はかない恋」
「愛着」 「固い約束」 など。


朝顔の俳句

「朝顔」 は夏ではなく、秋の季語。
朝顔に つるべ取られて もらひ水
(加賀 千代女)

夏じゃなくて、秋の季語だったとは…
またまた勉強になりました。




漆絵 鈴木其一の名作_四季花鳥図・右隻



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。