2013年6月19日水曜日

贈り物にも喜ばれる、壁掛けのお洒落インテリア 開運掛軸 朝顔 高見蘭石


開運掛軸 朝顔
高見蘭石さんの掛軸。

何と清々しいのでしょう、心が洗われる様です。厳しい夏の朝に咲く、朝顔。スズメが朝露を、啄んでいるのでしょうか。

上へ上へと、天に向かって蔓を伸ばしています。健気な中にも、生命力の力強さを感じます。水彩画で描いた様な

柔らかいタッチですね。ふわっと浮き上がってくるような立体感、素晴らしい1幅です。朝顔は古来から

その種が漢方薬になる事から、縁起の良い題材とされるそうです。薬用に使われていたとは、意外です。

日本では奈良時代末期に遣唐使が、種子を薬として持ち帰ったのが始まりだと伝えられています。種の部分は

調合して下剤に使われていました。薬用ハーブとして、日本でも重宝されていた様です。ヒルガオとか

色や形とか、様々な種類がありそうですね。掛軸にも、開運掛軸というものがあるのですね。お花や植物の

掛軸はどんな空間にも合います。場所を選ばないので、飾りやすいです。1幅があると、風流ですね。



◆【かぐや姫】 開運掛軸 【朝顔】 高見蘭石 筆◆送料無料/十年間保証/日本製/高級/プレゼント/新築祝い/インテリア雑貨/壁掛け/和装飾/床の間飾り/改築祝い/贈り物/アクセサリー/開運縁起/おしゃれ/掛け軸/部屋飾り/ギフト





綺麗な花にはトゲがある
朝顔のこわい話

夏の花、朝顔にまつわるお話をしたいと思います。蔓を伸ばして広がっていく性質のある朝顔は、暑さを

避けるための緑のカーテンにも使えそうです。お散歩していると、そんなお家を見かける事がありませんか?

折り紙、『朝顔イメアス』 というカードゲームにもなっていますね。朝顔市でも販売されています。子どもの頃

夏休みの宿題の絵日記で、イラストを描いていたのが懐かしいです。栽培、育て方、摘心(てきしん=芽を摘みとる事)

など、繊細な朝顔のお世話には注意しなければならない事もある様です。種類によっては、毒性を含むものも。

知らないで、つまんで口にしたり、料理して食べたりしてはいけません。漢方と毒、相反する様ですが

毒と薬は紙一重と言いますから、分かる気もします。綺麗な花には棘があるのは、薔薇だけではなかったのですね。

勉強になりました。




◆【かぐや姫】 開運掛軸 【朝顔】 高見蘭石 筆◆送料無料/十年間保証/日本製/高級/プレゼント/新築祝い/インテリア雑貨/壁掛け/和装飾/床の間飾り/改築祝い/贈り物/アクセサリー/開運縁起/おしゃれ/掛け軸/部屋飾り/ギフト



清々しい夏の1幅
夏の掛軸一覧!


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。