2013年6月26日水曜日

水墨画タッチの和風モダンなインテリアアート 開運掛軸 南天と白雀 久我直哉


開運掛軸 消災南天白雀図
久我直哉 筆

なんて可愛らしくて、美しい掛軸なのでしょう。南天の赤、白雀の夫婦。紅白の彩りが華やかな1幅です。

白雀の夫婦が、しゃぼん玉のような光に包まれています。優しくて温かなオーラが漂っているようです。

餌を啄んでいる姿に癒されます。水墨画タッチの和風掛軸、不思議とモダンなイメージも感じられますね。

南天、白雀、福寿草には、深い意味があったのですね。同じ画家の、違うモチーフの作品を購入してみる。

今まで好きではなかった画家の名画も、楽しんでみる。自分の新しい楽しみ方にチャレンジしてみるのもまた

新しい発見、気づきがもたらされるかも知れませんね。通販で掛軸やインテリアアートを購入して、絵画の

魅力を共有できる、絵画フレンドを持つのも世界が広がります。私の家族も美術館めぐりが趣味ですが

名画・絵画の魅力を語りあえる仲間がいる事は、大切だと思いました。季節やイベントに合った絵を飾るのも

楽しい絵画ライフを送る
方法の1つです。



開運掛軸 【消災南天白雀図】 久我直哉筆 難を転じて福となすに通じる厄除招福の決定版!ご一家の末永い厄除け開運を祈念する縁起題材としてオススメいたします!




南天 縁起の良い木

「難を転ずる」 に通ずることから、南天は縁起の良い木とされました。NHK大河ドラマ 『八重の桜』 で

主人公・八重が、南天の刺繍を縫いつけた服を、戦地におもむく弟に手渡すシーンがありましたね。

真夏でも赤い葉をつける、オタフクナンテン(オカメナンテン)は実がつかないのが特徴で、高さも 50センチ

程度しか伸びないため、園芸用として、下草と一緒に庭園に植えられます。様々な種類があるようです。

風邪をひいた時、南天の煎じ汁を、母がよく飲ませてくれたものです。「良薬口に苦し」 で、かなり苦くて

飲みにくいですが、ひどい咳には効果抜群。そんな母の愛、ナンテンの想い出が、私にはあるのです。

スーパーやドラッグストアでも、南天のど飴が販売されていますね。赤い実が可愛らしいナンテンは

眺めていても心が和みます。季節はすっかり夏めいてきましたが、ガーデニングに彩りを添える、小さいながらも

華やかな木なのです。太陽の化身のような、かわいらしい赤い実が印象的です♪


南天の花言葉

「私の愛は増すばかり」 「良い家庭」
「機知に富む」 「福をなす」




開運掛軸 【消災南天白雀図】 久我直哉筆 難を転じて福となすに通じる厄除招福の決定版!ご一家の末永い厄除け開運を祈念する縁起題材としてオススメいたします!



和風モダンなインテリアアート
開運掛軸が勢ぞろい!


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。