2013年6月19日水曜日

悲恋伝説 池田理代子先生 オルフェウスの窓 エレガントな女性と一流の男

【エレガントな女性の特徴】

・知性、教養を高める努力をしている。
・その努力が一流男性をひきよせる。

こんばんは。みゆです。ゆっくりペースの更新になりますが、生温かい目で見守っていてください(ーー;)汗

エレガントに暮らしたい方、エレガントな女性になる方法をしりたい方の、お役立ちサイトに成長していけたら嬉しいです。

池田理代子先生の歴史長編・少女漫画 『オルフェウスの窓』 の主人公、ユリウス・レオンハルト・フォン・アーレンスマイヤは、男装の麗人です。

名門貴族のアーレンスマイヤ家の次期当主として、男として育てられました。男顔負けの行動力のユリウスですが、揺れる乙女心が複雑です。

ドイツ・レーゲンスブルク、聖ゼバスチアン教会附属音楽学校(男子校)でなんと、男装して学園生活を送ることになるのです。

この学校には、ギリシア神話の、オルフェウスとエウリディケの悲恋物語にならう言い伝えをもつ 「オルフェウスの窓」 と呼ばれる古い窓がありました。

「オルフェウスの窓」 に立った男性が階下をみたとき、最初に視界に入った女性と必ず恋に落ちるのだが

その恋は、必ず悲劇に終わるというものでした。(この始まりから言って、すでにドラマチックな展開の予感です)

これから、その魅力を
じっくりとお話していきます^^


ユリウスを取り巻くイケメン達

男装の麗人・ユリウスの周囲には
魅力的な男性たちが登場します。

イザーク・ゴットヒルフ・ヴァイスハイト(ピアニスト)。クラウス・フリードリヒ・ゾンマーシュミット(アレクセイ・ミハイロフ) (革命家・ヴァイオリンの名手)。

etc…モテ男ならぬモテ女
ユリウスです^^;

ただモテるのではありません。一流の男たちから愛されるのです。美人という要素もあるのかもですが

(美女キャラなら、ほかにもたくさん登場します)私が思うに、1つは、女子力をあげる努力ではないでしょうか。

女性の品格を高めるための知性、教養、芸術性、女の嗜(たしな)みを最大限に高める努力をしていたからではないでしょうか。

そうでなければ、あらゆる分野の一流の男たちを惹きよせるなど出来ません。ユリウス、イザーク、クラウスの3人の若者から始まる

『オルフェウスの窓』。
エレガントになりたい
女性のヒントがありそうです。




オルフェウスの窓大事典―連載開始30周年記念



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。