2010年4月23日金曜日

劇場版マクロスF イツワリノウタヒメ 歌、恋、メカアクション満載の映画! 感想


本文には作品の内容が含まれます。
ネタバレNGの方はご注意下さい。

『劇場版マクロスF
 ~イツワリノウタヒメ~』

2009年11月21日公開

【脚本】
吉野弘幸

【原作】
河森正治、スタジオぬえ

【声の出演】
中村悠一、遠藤綾、中島愛
ほか

【音楽】
菅野よう子

【主題歌】
シェリル・ノーム starring May'n
「ユニバーサル・バニー」



『マクロスF』 劇場版

『超時空要塞マクロス』 が 1982年にテレビ放映され、早 30年近く。その後も数々のシリーズが制作され、ファンを魅了して来ました。

時間が経つのは早いものですね。

愛の歌が、戦争を止める。

当時のSFメカアクション・アニメの中でも、『マクロス』 の特徴はストーリー上、「歌」 が重要な役割を果たすところです。

この要素は他のSFアニメには見られなかった点なので、当時の私の記憶に、強烈に残る事となりました。

歌姫が戦争を止めるというストーリーが夢があり、私は好きですね。去る2月――

SFアニメ
マクロスシリーズ最新作

『マクロスF(フロンティア)』

の最新劇場版

『虚空歌姫
 ~イツワリノウタヒメ~』

を映画館へ鑑賞しに行きました。歌、恋、メカアクションと見どころ満載の 『マクロスF』 劇場版でした!

さらに進化した、菅野よう子さんの最新曲が素晴らしい。冒頭、CG駆使のシェリルのライブシーンには圧倒されます。

気になるのは、アルト、シェリル、ランカの恋のトライアングルですが、今回の劇場版をみる限り、続編がある様です。

テレビ版を補完しながら、始めからストーリーを追っていく感じですが、続編劇場版で一通り完結編となるのでしょうか。



『マクロスF』 劇場版の映画情報

『マクロスF』 では2人の歌姫、シェリルとランカの歌が見所の1つ。劇場版での最新曲を楽しみにしていました!

作曲の菅野よう子さんは、アーティストの魅力を引きだす事のできる方の様です。

シェリルの歌唱力、表現力もグレードアップ。ランカのハイトーンで伸びのある声に、癒されます。

ランカのパロディ風の歌の中でさり気なく、ファ〇リー〇ートがCMされていたのがまた、ニクい演出(笑)

ランカ萌え~の最新作鑑賞でした。

ただ、映画鑑賞に行った時

『マクロスF』
『アバター』

2本連続で鑑賞し、立て続けに激しい戦闘シーンを見たので、少し酔ってしまいました。お茶をするなど時間をおいて

帰れば良かったのですが、フラフラして帰途。皆さんも、CG映画で激しい戦闘シーンなどを見た時には、休憩をして

落ち着いてから帰りましょう。




劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~ Blu-ray Disc (PS3専用ソフト収録) ハイブリッドパック


2人の歌姫との三角関係
CG迫力バトル! マクロスF!



【関連記事】
マクロスF ゼントラ盛り Blu-ray Box クリスマス発売! 三角関係、CG空中戦!

(美術館めぐりブログ
 相方、東間陽一の記事 ↑ )


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。